大阪府 堺市 光明池の消化器内科・肛門外科専門病院

新規に投稿する

  • 57: 排便後……・。 2012-12-22 17:02:16 ミルクコーヒー
    こんにちは。 排便後、トイレットペーパーに便がつかない場合でもウォシュレットは したほうがいいのでしょうか?それともしないほうがいいのでしょうか? どちらのほうが肛門にとって良いか教えていただきたいです。

  • 56: Re:痔の手術について 2012-12-22 09:06:05 みやわきクリニック
    日帰りの手術の場合、局所麻酔をするところが殆どです。 一つは簡便ということでしょうが私のクリニックでは仙骨硬膜外麻酔といって局所の筋弛緩が得られる麻酔ですので根治手術が可能ですし外来、入院どちらでもできる麻酔です。 例外でサドルブロックという麻酔もありますが硬膜外麻酔は優れた麻酔です。 一度手術を経験なさっていられるようですが、この麻酔は楽で安心です、欠点としては効いてくるのに平均10~15分ほどかかることでしょうか。 しかし一番は一度で確かな根治手術をしてもらうことです。それも痛み、苦しさのできるだけないように!

  • 55: 痔の手術について 2012-12-21 21:21:55 ぐめ
    はじめまして。 痔の手術についての質問なのですが、ここをのぞいていると、日帰りのみのようなのですが、ということは、全て局部麻酔で行うのでしょうか? 以前に手術経験ありで、その際は、腰椎麻酔で行いました。 腰椎麻酔や全身麻酔では必ず入院が必要と聞いたのですが・・・。 局所麻酔は痛いといううわさが多いので、とても不安です。

  • 54: Re:痔核のお尋ねに 2012-12-18 13:07:49 こやま
    早速のご返信ありがとうございました。 外用薬のことも考えて、注意して様子を見てみます。

  • 53: 痔核のお尋ねに 2012-12-18 08:36:49 みやわきクリニック
    お話からの推測になりますが、やはり痔核の可能性が強いと思われます。痔核そのものは小さい内から気づくわけではなくある程度の大きさから、又最初は何らかのきっかけ、例えば硬い便をした 下痢をした 重いものを持つ仕事の後に アルコール飲みすぎた などを契機に出ることに気づいたりするものです。 勿論急な炎症によるものは薬などで炎症分は引いていきますが徐々に増大してきたものはそれを始めとして症状の出現ということになります。 外用薬などを処方してもらって一度お使いになってみてはいかがでしょう?

  • 52: 痔核について 2012-12-17 19:20:27 こやま
    排便後、何かが肛門に戻っていくような違和感があり気になっています。 触れてみると、中から何か出ているというのではなく、肛門のふちの脹らんでいる箇所が、りきみを止めると肛門に入っていくようです。 このような場合、手術の対象になるでしょうか。 痛みや出血はありません。 もう一つお尋ねしたいのですが、今まで出血などの症状はなくても、内痔核がある日突然肛門の外に出てくることはあるでしょうか。 遠方にて今すぐお伺いすることができないので書き込みさせて頂きました。 よろしくお願いいたします。

  • 51: Re:大腸検査について 2012-12-13 19:40:45 TY
    了解しました。手術時に同時にすれば、別途するよりいいことがあるのなら、、、という感じでしたので、大腸検査については今回は保留にいたします。

  • 50: 便失禁についてのお尋ねに! 2012-12-12 11:55:59 みやわきクリニック
    直腸脱で膣を縫合・・でしょうか?子宮脱でなくて? 骨盤内臓器の脱出の一部として子宮脱、直腸脱がありますが 直腸脱があって便失禁があるのなら私どもの診療科になります。 もし診せて頂けるのならその際詳しくご説明、治療させてもらいます。その時は過去の治療歴、他も含め内服薬、外用薬等ありましたらお教えください。

  • 49: 便失禁について質問します。 2012-12-12 09:30:31 SUE
    母は82歳です。最近、週に1.2回の軽い便失禁で悩んでいます。1年ほど前に、直腸脱のため膣を縫い合わせる手術をある病院の婦人科で受けています。このたびの便失禁は肛門科、御クリニックに相談するのがよいのでしょうか?

  • 48: 大腸検査について 2012-12-10 08:27:47 みやわきクリニック
    手術が近いことから術後に検査された方がいいかとおもいます。 ただ、何か気になることがあるのなら下部大腸を外来でチェックすることは可能ですが全大腸ですと下剤を飲んでお腹を空にする必要から手術後の便通に影響しますので特に無ければ術後に検査されてはいかがでしょう。